足のすね毛は冬場は特に注意です

やっぱり一番は足のすね毛です。脇の脱毛も冬だとさぼってしまう事も正直なところあるのですが、人前で脇を見せることは冬場はないので、ついついずぼらになりがちです。特に冬場はそれほどしまったという場面に出くわすことはありません。でも、足のすねは、油断していると、しまったと言わんばかりのシチュエーションに遭遇してしまうことがあります。

その一つが健康診断です。毎年5月頃にあるのですが、一度、心電図の時に恥をかいたことがあります。勿論、検査してくれる看護師さんは、私のすね毛をみても何も言わずに作業をすすめてくださいましたが、脱いだ時に気が付いてしまうもので、その検査の間中、本当はリラックスしていなくてはならない検査にもかかわらず、ドキドキが止まらないという何とも辛い検査でした。
あと、冬場はスカートをはいてもタイツやレギンスを履いていることが多いので処理を忘れていても困らないのですが、春になり、すっかり気候がよくなったこともあり、タイツを脱いで生足でスカートをはいていた時のこと。その日に限って、友達と公園でお弁当を買って急きょピクニックとなりました。予定外のピクニックだったこともあり、スカート履いていることはともかく、レジャーシートで足を伸ばそうとしたものの、処理しきれていない伸びかけのすね毛が痛々しいことに。かわいいお気に入りのスカートをはいていたのに、残念な結果となりました。

後は職業柄、子どもと接することが多いのですが、思いがけず靴下を脱いでズボンをめくりあげるということがありました。その時にも、少々恥ずかしい思いをしました。いくら、表をきれいにしていてもボロがでてしまいますね。

長年、自己処理ばかりしてきたこともあり、今更ながら脱毛をするという頭はないのですが、今は、サロンで脱毛するのも昔と比べて随分敷居も低くなってお手軽価格になっているようで、もし自分がまだ20代だったら、友達誘って通って絶対にやっているだろうなと思います。私のようにうっかりとしている人には、突然の場面を想定せず抜けていることも多々あるので、プロに任せてみるのも良いのかもしれません。

最近はレーザー脱毛が良いらしいので、新宿で探してみようと思っています。⇒※レーザー脱毛新宿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です